大相撲春場所が、佳境にはいってきた。面白い取組ばかりだ。

 14日目の白鵬ー稀勢の里戦。白鵬が立ち合いで右に動き、おっつけ一発で稀勢の里を転がした。横綱相撲とはかけ離れた勝利に、館内は座布団が舞った。

 また、ネットが荒れるだろうなと思いきや、その通りになった。

 北の湖理事長は「とっさの判断だと思う。負けられない意識があったのだろう」と。

 白鵬は、連敗を避けるため、勝利への貪欲さを前面に出したともいえる。

 支度部屋でも無言だったらしい。場所はまだ残っている。当然であろう。

 真っ向勝負を期待するのがファン心理である。しかし、そこは勝負の世界である。

 憶測だけの記事だけは、コリゴリである。