というわけで、10月25日は1960年代の英国ロック・シーンに登場し世界にその名を轟かせ、40年以上にわたって名ベーシスト、名ヴォーカリストとして精力的な活動を続けていたジャック・ブルースの一周忌でありました。

 そんな日にYou Tubeで見つけた、ジャック・ブルース絡みの印象深かった二本の映像を、Twitterに投稿したツイートを貼り付けるという形で、ここに紹介させていただきます。どちらも、彼が在籍していた1960年代中期~後期の英国を代表するバンドのひとつであるクリームの楽曲を、メンバーであったエリック・クラプトン、ジンジャー・ベイカー以外のミュージシャンと演奏している映像です。

 まずは、1960年代英国が生んだ名ギタリストの一人である、ロビン・トロワーと共演している映像。

 そして本日もっともお気に入りだった、アイルランド出身の名ギタリスト、ロリー・ギャラガーとの共演。ロリー・ギャラガー氏も既に故人ですな...